不動産屋さんへ行く前にホームページで下調べしよう

木のブロックと人

マンションは中古がお勧め

マンション

今後はより人気が高まる

横浜にはたくさんのマンションがありますが、新築マンションよりも中古マンションの方がずっと多くあり、中古マンションの人気は年々高まっています。長く住むのならば中古よりも新築の方が良いと思われがちですが、中古マンションには新築にはない魅力が多くありますので、横浜でマンション購入を考えている方は購入対象に中古マンションも加えることをお勧めします。中古マンションの魅力の1つがリノベーションを行えるという点です。設備、間取、内装を自分の好きに変えることが出来るので、自分が頭の中で思い描く理想の部屋を手にすることが出来ます。また、新築の場合は建物が建設する前に販売されるため、実際の建物を見ることが出来ませんが、中古マンションは物件の様子だけでなく、マンションの雰囲気や環境についても購入前に確認することが出来ます。こうした魅力があることから、今後横浜ではより中古マンションが人気となっていくことでしょう。

築年数に注意する

中古マンションには多くの魅力があるのですが、購入の際に注意したい点もあります。それは築年数です。細かな条件は色々とあるのですが、基本築年数が25年以内の物件であれば住宅ローン減税等の控除を受けることが出来ます。そのためこうした控除の部分を考えると、多少価格が安いということから築年数が30年の物件を選ぶよりも、築年数が25年の物件を選択した方がトータル的にお得になる場合もあるので、控除の条件をしっかりと確認して物件を選択するようにしましょう。そして、1981年6月より前に建てられた物件は新耐震基準の確認がされていないため、それ以降に建てられた物件よりも耐震面に対しての不安があります。横浜で中古マンションを購入する際には、こうした築年数の部分に気をつけて物件を選ぶようにしましょう。